箱庭カウンセリング(1人置き)

心理カウンセリングのイメージ
サンドヒルの箱庭は、全国から「箱庭を気軽にやってみたい」という方が体験されに来ます。

その人気の秘密♪
①気軽に相談・体験できるリーズナブルな料金

②サンドヒルオリジナルの玩具対話診断


■箱庭 (60分) 5,400円

不思議!!
「え!?こんな事までわかっちゃうの!?」
1人で自由気ままに玩具を置いて自分だけの世界を表現します
自分では気づいていない無意識レベルの心の中がわかります



■箱庭(30分) 3,240円・・・リピーター様のみ
慣れるとただただ楽しい!
サクサク作品を作ってしまいます

ふたりで箱庭 ・ みんなで箱庭♪

心理カウンセリングのイメージ ■ふたりで箱庭(60分) 1組 5,400円
親子・友達・カップルで一緒にします
お二人の愛称や絆がわかります 



■みんなで箱庭 (60分) 1グループ【6名まで】 5,400円
家族やサークル・友達グループと一緒にします

グループ内での位置や対人関係での一人一人の癖や個性がわかります 

サンドヒルオリジナル☆ マタニティ箱庭 (胎教箱庭)

心理カウンセリングのイメージ マタニティ箱庭 (60分) 4,860円 (マタニティ割


2回目以降~マタニティ箱庭 (30分) 2,916円 (マタニティ割) 



お母さんとお腹の赤ちゃんの対話を意識し、
お腹の赤ちゃんの人格形成の第一段階としてコミュニケーションをとります。



*胎児は立派な脳を持っています。感情もあり、お母さんとは別の人格です。胎教は生まれてからの人生に影響するとても大切な母子コミュニケーションです。

サンドヒルの箱庭とは?

心理カウンセリングのイメージ サンドヒルは治療を目的とした箱庭療法をしておりません。

健康な一般の方が、ストレス発散や自分探しを楽しむものとして、

もっと箱庭を身近に」というモットーでしております。


占いや、コーチング感覚で受けるアドバイスコースや、


一緒に共有し、心が癒されるセラピーコースを選べます。




小さなお子さんから、年配の方まで、

砂を触り、癒され、笑顔で帰られる事を目的としておりますので、


心理的治療を求められる方は専門機関での受診をおすすめ致します。

箱庭のお約束

心理カウンセリングのイメージ 1.時間はお互いに守りましょう。

2.時間が延長してしまった場合の延長料金は10分500円頂きます。

3.当日キャンセル・日時変更はキャンセル料3,000円を頂きます。

箱庭セラピー(箱庭療法)とは?

心理カウンセリングのイメージ 箱庭セラピーは、1956年ドラ・マリア・カルフ女史によって「サンドプレイセラピー」として創始された心理療法で、

日本には1965年河合隼雄によって「箱庭療法」の名で紹介された心理療法の一つです。

砂が入った箱に、様々なミニチュア玩具(動物、樹木、怪獣、乗り物など)を

気の向くままに置いていったり、

砂を掘ったり、盛ったり、川を作ったりと・・・子供から大人まで楽しく簡単にできます。

カルフ女史の言う「言語を手段とすることなく、保護された場面による象徴体験」

によって進んでいきます。

砂遊びはそれ自体癒す力を持っていると言われています。

セラピストに守られた空間で

箱庭を通して自分の内面を表現することで

無意識内にある自己治癒力を蘇らせようとするとともに

表現に対して、C.G.ユングの分析心理学の象徴やイメージの意味を適用しようとするものです。

箱庭セラピーの治癒力

心理カウンセリングのイメージ 箱庭セラピーは他の心理療法と同様に、セラピストとの治療的人間関係の中で、

人間が誰しも持っている自己治癒力(成長力・自己実現への力)を活性化します。

ただ自分自身の意思の力によって治癒するということではありません。

意識は時として一面的で歪んだものでもありえます。

意識が狭く硬いものであっても、それを補償し、

それを成長に向かわせる傾向、自己実現、自己治癒へと向かわせる傾向が意識より深い層に存在し、

この自己治癒力が活性化されることによって治癒が生じます。

この自己治癒力が十分働くには、自由でありながら保護された環境が必要であり、

セラピストの存在と態度がこの環境を作り出しています。

箱庭での体験は、夢の世界と同じようにイメージの世界ですので

自分自身でも思いもかけぬ内面に出会うこともしばしばです。

できあがった箱庭を解釈、分析するのではなく、そしてそれを期待するのではなく、

出来るだけその表現やイメージそのものを大切にし、味わい、追体験することで

心のしこりが溶けていきます。
心理カウンセリングのイメージ

箱庭心理セラピスト中山えみ★箱庭との出会い★

心理カウンセリングのイメージ 私が箱庭に出会ったのは、とあるイベント会場でした。

友人が「箱庭」を体験するというので、

内心(何それ?面白くなさそう・・)と思いながらも

4人で一緒にする「グループ箱庭」というのに参加しました。

「沢山並べてある玩具の中から、置きたい物を手に取り、好きなところに置く」
という、極めて簡単なルール。

何故か棒倒しをしてから、みんなで順番に1個づつ玩具を置き始めました。

「よーし、ちょっと目立ちゃお♪」

私は存在感をアピールしたくてドーンと真ん中に、大仏さんを置きました。

しかも、誰も入ってこれないように、周りを水で囲みました。

すると思いもかけない事が!!

私が置いた大仏の手に、セラピストさんがビー玉を乗せてきました!

「え!?」

(そんな事して良いの!?)

冷静に装っていても、自分の心の中で動揺しているのがわかりました。

嫌なわけでは無く、嬉しいわけでも無い。

でも初めて会う知らない人が・・・私の置いた大仏の手に何か置く・・・

何だろう・・・なぜか自分の心の中に入って来られた気分がする・・・

(そういえば、私って自己主張するくせに、

初対面の方には人見知りで、自分の中に入ってこられるのは苦手。

警戒心も強いし、相手の方が信用できるかどうか分かってからじゃないと

心が開けないタイプかも。。)

ただ、ただ大仏にビー玉で・・・一瞬で自分自身の「対人コミュニケーションの癖」に気づいてしまったんです。

箱庭中はとてもとても楽しく、興奮していました。

箱庭終了後は、今まで味わった事のない、心の毒素が取れたようなスッキリ感で満たされました。

そして何より、箱庭が箱庭療法という心理学からきている事を聞いて驚きました!

「これだっ!!私が探し求めていたものは!」

それまでもエステティシャンだったのですが、見た目の容姿だけでは無く、

心を磨けるもの。。

それはスピリチュアルや宗教的なものではなくて、病院のような敷居の高いカウンセリングでもなくて、

しっかり学問に基づいていてとっても楽しいもの。。

それをずっと探していたんです。

「あった~~!」

すぐに箱庭専門の学校に学びに行きました。

あれから10年、箱庭心理セラピストになって、振り返ってみると、

あの時ビー玉を置いてくれたセラピストさんは私の反応を見る為にわざとしてくれたんですね。

じゃないと、自分のコミュニケーションの癖なんて気付きませんでしたもん。。

その後、箱庭を続ける中、自分自身に変化がおき、大人になってから無意識に隠していた個性というものが

「私はこれで良いんだ!」と受け止める事ができるようになっていました


自分の感覚に自信をもってきた私は、自分の心にも自信がついてきている事に気付きました。

そして何より、箱庭スクールについて来ていた当時4歳の娘が、

箱庭で遊んでいるうちに、みるみる心が安定していき、

自信に満ち溢れ、人に優しくなっている事に大きな成長を感じました。

楽しくて癒される箱庭、

一人置きはもちろん、お友達とでも、カップルでも親子と一緒でも

人生に価値のある経験として刻まれることでしょう
皆様も是非一度はどこででも良いので体験されてみて下さい。
 
 
ページ上部へ
 
MENU